【再々ダーツの考察】

第二次緊急事態宣言を受けて、不要不急の移動停止中です。お陰さまでダーツの考察にタップリと時間が使えます。この宣言が発令なりますと公民館活動もできなくなり、ダーツ活動以外すべての活動も停止状態になっています。この際いろいろなことも考える時間を頂いたと考えて喜んでおります。

現在私はダーツを無回転で投擲に挑戦中です、この事が結構難しくって難儀したものでした、どうやらグリップにあるように思われました。そこで再度グリップの研究になり試行錯誤いたしまして前回のグリップから変更いたしました。写真ですと細部のデイテールが不確実になるようなので、描いてみました。前回の写真と今回の色鉛筆画で違いが判明すると思います。

グリップもバレルをスッポリ包み込むような感じにし、手首を立てそのままテイクアップします、テイクアップ時、手のひらは上になり、ポイントは真上を指します、そこからスローイングになります利き腕の肘から上だけで腕を振ります。スローイング時のリリースはごく自然に目標に向けて押し出す感じです。あるいはバスケット・ボールにおけるフリースロー的な感じです。上手に完了したときダーツは周囲の空気を切り裂いて、直進性を維持してボードに到達し、軽やかな音もついてきます。指先に残る感触がとってもスッキリします。

練習に継ぐ練習しかありませんが当分の間辛抱強く磨いていく覚悟でいます。 つづく

投稿者: katsusuke

アガサ・クリステイーが好きで 走るのが好きな爺々です

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。