【進化?するグリップ】

この画像のようにダーツを飛行させるには※ダーツは掴まない、握らない、中指の第一関節上に乗せる。人差し指はバレルを支え、※ 親指はテイクバック時やスローイング時に落下を防ぐ程度にそっと支えるのが大事と思われる、自然に無理なくスローイングの動作を終了させるのが大事と思われる。

※ 狙う 狙うという行為はダーツを三投終了まで目標から目を離さない、視線の方向にダーツは進むと理解してほしい。生物の原理かもしれません。スローイングは 20t 付近にダーツが刺入していると仮定し、そこからダーツを抜いてもとへ戻す、そのような感覚で投入してみています。一緒にトレーニングして上手になることを夢見て進化していきましょう。     つづく

投稿者: katsusuke

アガサ・クリステイーが好きで 走るのが好きな爺々です

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。