【待機中のバレル】

この度コンドルと呼ばれている、シャフトとフライトが一体型になっているダーツに変えてみました。使用してみて私の手には少し馴染まなく思えました。来る日も来る日も試してみて、違和感が残りました。考えても判断つきませんので、少しの間忘れることにしました。何日かして、購入してから蔵入りしているバレルがあると、どこかで光が見えた、そんな気がして、探してみました。ありました❣❣❣❣

蔵入りしたのには使用してみて馴染まなかったからでした。シャフトとフライトを組み上げて、一組のダーツになります。その時投擲するとどのようにしても、ダーツは揺れてしまうのでした。揺れ方が酷いものでしたから、お蔵に入ったわけでした。今度は組み上げてみて各部の測定からはじめました。

測定してダーツの全長が130mmと150mmの違いとシャフトとバレルの接続部が60mmと80mmの違いがあると判明しました。このようになりますとグリップもグリップ部分も、新たに探さなければいけません。

全長150mmのダーツはグリップ 2、 全長130mmのダーツでは上の画像のように違いが出てきました。長短でこのような違いになるのです。コンドル一体型と呼ばれているシャフト+フライト式のダーツはあまりにもグルーピングが良いと落下してしまうように思われた。そしてダーツは手に馴染むのではなく、自分の手がダーツに馴染むのだと、ダーツが教えてくれました。         つづく

投稿者: katsusuke

アガサ・クリステイーが好きで 走るのが好きな爺々です

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。