【スタイルの固定化 Ⅱ】

’22/01/29/ 相変わらずに新型コロナウィルスは収束どころか変異を重ねて大変な人数の感染増となっております。私達のダーツクラブも、国の蔓延防止策に協力しクラブの活動停止中である。この際私のダーツスタイルの向上を検討しようと思いました。ヘッダー画像はグリップの状態です。これからはどのように修正したか理解できるように可能な限り併記していくようにします。

現在のグリップ
今までのグリップ

先にも表記しているとおり決して掴んではいませんダーツが落ちたりしない程度の優しさで保持しています。そしてターゲットに手のひら、ポイントを正確に向けます。ここから投擲がはじまります。

手のひら、ポイントをターゲットに向ける

先日、TVでリズムが健康には欠かせない❣❣❣❣ との番組がありダーツも同じというところに落ち着いていきました。スローラインに立つまでと立ってからグリップを決め、TGに照準を合わせ、テイクバックから投擲します。この一連の動作がリズムに則って、テンポよく終了させないと好結果に繋がりません。さっそくGOOGLEで検索しました。「達人のリズム、ダーツ」すぐ当たりました。

コロナウィルスでサークル活動が中止の間に身につけば、技術の向上は約束されているようだと感じました。        つづく

投稿者: katsusuke

アガサ・クリステイーが好きで 走るのが好きな爺々です

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。